「私と最近のチェコ」

約2か月半ぶりとなる10月17日にプラハの自宅に10日ほど程戻りました。


すっかり晩秋という感じのプラハ、夏同様にマスクをしておりません。

物価高も収まってはいなく、円安の影響で日本から来ると偉く高く感じます。


市中のレストランでビール(0.5リットル)を飲むと一杯60コルナぐらいします。

コロナ前のレートなら300円ですが、今なら360円。尚、コロナ前の値段なら一杯50コルナぐらいだったので当時のレートで250円でした。物価高と円安で110円も違います。

因みにスタバのコーヒーはこれ以上します。


プラハ市内の交通機関の乗車券も値上げしており、90分の乗車券が40コルナします。24時間券は120コルナ。尚、30日の定期券は550コルナので5日以上滞在する方は定期券を購入した方がお得です。


欧州と日本を結ぶフライトは欧州行きはロシア上空を飛べないのでアラスカ→カナダ→グリーンランド上空を飛んでいくか南回りです。日本行きは南回りで飛んでいきます。円安とサーチャージで航空券はだいぶ値上がりしておりますので旅行での渡航を考えている方は覚悟してください。


チェコへの入国の際の制限はありません。日本に戻ってくる場合は①3回ワクチンを接種②帰国前のPCR検査で陰性、①か②のどちらかなら日本帰国時は制限なく入国できます。

しかし、②の場合現地で感染すると大変なのでワクチンを三度接種してからの渡航をお勧めします。もし①が難しい場合は市中の薬局で販売している抗原検査キットを購入し、PCR検査に行く前にキットで検査することをお勧めします。


ローストダックとカルロヴィヴァリ風クネドリキー

上記の写真はプラハに戻った次の日の夜に頂いたローストダックとカルロヴィヴァリ風クネドリキー(Karlovarské knedlíly)です。なんか最近はクネドリキーでもカルロヴィヴァリ風が流行みたいです。そう言えば昔amerciké brambory(直訳すると米国風ポテト。所謂皮付きポテトフライ)が流行りましたが最近では見なくなりましたね。


合田哲郎

日本チェコ協会/日本スロバキア協会HP担当理事

日本チェコ協会プラハ分室長