top of page

WBCチェコ代表の再来日に密着⑤

8月4日

この日も私はプラハのアパートの大家さんの上司夫妻を案内。東京一日観光で浅草寺、東京スカイツリー、築地市場などに行き、新宿西口のホテルでご夫妻と別れ、表参道へ急行しました。



18時ちょい前に上記のお店に到着すると2階でハディム監督、エルコリ広報、ムジーク選手とチェコインベストのすみれ女史が店内におられました。


この日は午前中にミズノのショップに行ったらしく、そこでハディム監督はバットを購入。ムジーク選手とエルコリ広報がlululemonの商品を物色。因みにアスリートですと割引制度があります。その代わり勿論自分用でしか適用されず。

エルコリ広報は仕事で使えるジャケットを購入。円安でだいぶ安く感じたでしょうね。

lululemon Tokyo Aoyamaのスタッフさんは英語も流暢で非常にフレンドリーでした。


この日は今回のチェコ代表とバックアップしたメンバーで飲もうということですみれ女史が恵比寿の居酒屋を予約。予約時間は19時。お店を出てタクシーで移動?となるが我々は5名。タクシーだと2台になり、結局地下鉄と山手線で移動することに!

WBC代表の監督と選手が帰宅ラッシュの電車に乗車。しかも、紙の切符で乗車!


お邪魔した店は炉端あいなるさん。奥の座席にぎゅうぎゅうで座りました。

参加者はチェコ代表の3名、チェコセンター長のエヴァさん、チェコインベストのすみれ女史、マリーンズ-チェコベースボールブリッジプロジェクトのスポンサーである協和ホールディングスの立松社長、千葉ロッテ球団でマリーンズ-チェコベースボールブリッジプロジェクトの企画者である松本さん、チェコリーグ2位のテンポ・プラハに所属していた斎藤さんなど。

ハードな日程を終えてもエルコリ広報と真面目な話をするハディム監督
横で段ボールが積んであるような座敷でも笑顔のムジーク選手
ハディム監督、エルコリ広報とスリーショット
チェコセンター長のエヴァさん、協和ホールディングスの立松社長とチェコインベストのすみれ女史。右で見切れているのが斎藤さん。

ハディム監督、もずくをかなり気に入り、野菜も多く摂取。エルコリ広報は新鮮なお刺身を堪能。ムジーク選手は肉類が好物。


22時にお開きになり、3名をタクシーに乗せ、解散。


次が最終回です!こうご期待。


投稿者

合田哲郎(ごうだてつろう)日本チェコ協会理事

1974年大阪府生まれ。4歳から9歳まで父親の仕事で米国ニューヨーク市に在住。

帰国後、日本大学経済学部経済学科国際コースを卒業し、1997年3月に渡欧。チェコ共和国プラハ市に在住し、チェコの永住権を取得。2023年3月のWBC宮崎事前合宿ではボランティアとして帯同(ベンチ入り)。今回もボランティアとしてチェコ代表三名をサポート。



Kommentare


bottom of page