2月05日(土)

|

お茶ノ水クリスチャンセンター

知ろう会「音楽」編「チェコとモーツァルト」

講演内容:チェコで近年発掘された新資料も交え、モーツァルトを救い、プロデュースしたこの国の歴史的な役割について紹介、18世紀末の時代空間にいざないます。1曲3~5分程度とし、チェコゆかりの作品をできるだけたくさん取り上げ、映像で鑑賞します。チェコ出身の演奏家、歌手ももちろん登場します。

知ろう会「音楽」編「チェコとモーツァルト」

日時・場所

2月05日 14:30 – 16:30

お茶ノ水クリスチャンセンター, 日本、〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2丁目1

イベントについて

会費:1,000円(当日、会場受付にて申し受けます)

定員:15名。通常の定員は50名の部屋ですが、コロナ感染対策のため、15名に制限されています。このため、お申込みの受付は先着順とし、15名に達した段階で、応募締め切りとさせていただきます。

事務局が毎週水曜日の運営体制のため、上記メールアドレスへのお問い合わせについては回答が遅れる場合もありますので、ご了承いただけますようお願いいたします。

コロナ感染対策:会場には手指の消毒液を設置します。会場ではマスク着用をお願いします。

2月に入った段階でコロナの感染状況を最終的に判断し、場合によっては中止する可能性もあります。中止とする場合は応募された方々にメールにてご連絡します。

チケット詳細

価格

数量

合計